GOODYEARのニュータイヤ

 グッドイヤーのマウンテンバイク用タイヤ「Wrangler」を発売

PRESS RELEASE

 Wranglerは、主に乾燥した岩場やダスティーな路面で優れた性能を発揮するように設計されました。エンデューロバイクとE-バイク、それぞれに最適化された2つのモデルを用意しています。 

 トレッドパターン

モトクロスタイヤから着想を得た新しいトレッドパターンを採用しました。
独自のブロックデザインにより強力なグリップを発揮し、負荷がかかった状態でもトレッドの歪みを抑えます。
乾燥した岩場やダスティーな路面で最適なパフォーマンスを発揮するよう、ブロック間隔を最適化しています。

トレッドパターンはMTF(フロント用)とMTR(リア用)で同じDNAを共有していますが、それぞれ独自に進化しています。MTFはコーナリング時のグリップとステアリングの信頼性を高め、MTRは最高のトラクションと低い転がり抵抗を実現します。

E-バイクに最適化された「ElectricDrive構造」

ラングラーのために新規開発されたElectricDrive 構造は、E-バイク向けに最適化されています。
パンクやタイヤのダメージを軽減するために独自のケーシングレイアップを採用し、丈夫なブチル層によってサイドウォールを更に強化しています。

バリエーション

・Wrangler MTF Electric Drive

サイズ:29×2.4 , 29×2.6 価格:¥12,100

・Wrangler MTF Enduro 

サイズ:29×2.4 , 29×2.6  価格:¥12,100

・Wrangler MTR Electric Drive 

サイズ:27.5×2.6 , 29×2.4  価格:¥12,100

・Wrangler MTR Enduro 

サイズ:27.5×2.6 , 29×2.4  価格:¥12,100

問:FUKAYA

1 2 3 4 5 6